スリープ時のI2Cデバイスの漏れ電流

I2Cデバイスの電源をOFFしても、SRF02等では、150μA程度の電流が流れる

これは
Wire.begin()
によってSDAがプルアップされるためであり
スリープに入る前に
Wire.end();
を入れることでOFFできる。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください