Sony Spresense SDK 設定その1 (Ubuntu 18.04 on WSL)

参考

https://developer.sony.com/ja/develop/spresense/developer-tools/get-started-using-nuttx/set-up-the-nuttx-environment

MKNOD: 
http://mknod.jp/?p=2834

1)必要なパッケージのインストール
/mnt/c/SPRESENSE にします。

$ sudp apt-get update
$ sudo apt-get upgrade
$ sudo apt-get install git gperf libncurses5-dev flex bison gcc-arm-none-eabi genromfs pkg-config autoconf automake cmake --install-recommends

2) nuttx-tools から kconfig-frontends を取得し、インストールします。

 $ git clone https://bitbucket.org/nuttx/tools.git
 $ cd tools/kconfig-frontends/
 $ ./configure --disable-shared
 $ make
 $ sudo make install
 

3)Spresense SDK リポジトリからソースコードをダウンロードします。

$ git clone --recursive https://github.com/sonydevworld/spresense.git

4)USBをつかえるようにUbuntuのユーザを dialout のグループに追加します。

$ sudo usermod -a -G dialout <user-name>
Kernelのビルド
cd spresense/sdk
tools/config.py -k release
tools/config.py -k -m
(設定の変更)
make buildkernel
SDKのビルド
 tools/config.py default
 tools/config.py -m
(設定の変更)
 make

※ビルドが成功すると sdk ディレクトリ以下に nuttx(ELF形式の実行ファイル)と nuttx.spk(実機に書き込むためにパッケージングされた独自形式のファイル)ができます

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください